新しいプロジェクトを作成しました。

(作成したページはまだ公開されていません)

作成したページを公開するためには、プロジェクトを公開する必要があります。
公開後は、ページを編集・削除することができなくなりますので、
必ず物語が完結した状態でプロジェクトを公開するようにしてください。

閉じる

episode1


「もう、行かれるのですね・・・」

「はい、 僕らはまたここから、戻らなければなりません」

「ありがとう。
君たちには悪い事をしてしまった。 
本当にすまない事をした」

「いえ」

「私たちもこれから小人さんらの家に行き、隣国へ式を挙げに行きます」

「そうですか・・・若い女王様、ご結婚おめでとうございます」

「結婚は明日よ」
姫君は祝福されると、頬を赤らめた。

「・・・そろそろ、僕らは帰ります」

「では、気を付けてお帰り下さい。
さようなら」
僕らは手を振りながら、城をあとにした。


一人の少年と一羽のウサギと、一羽の白鳥のヒナが森の中を歩いている。
「この剣、色んなモノを斬ってきたはずなのに、全然刃こぼれしてないや。
自分のとこの鍛冶屋よりもすごいや」

少年は剣を欲しがるような目で見た。
剣は鏡のように少年の顔を写した。
少年の顔には、太陽の反射した光が斜めの線をつけている。
「返しに行くって言ったの誰だっけ?」

「そりゃ、そうだけどさ。 眺めるくらい別に・・・あっ」


少年が急に足を止めた。
前の方から人の声がたくさん聞こえてきた。
声のそばへ駆けつけると、人が何かを囲んで集まっていた。
何事だろう・・・

人を掻き分け先頭へ飛び出ると、目の前に純白の衣に包まれた花嫁と花婿が城の階段を優雅にゆっくりと降りてゆくのが見えた。

花婿の目のすぐ下には、この国を守ろうと魔物に立ち向かおうとした男の勲章が刻まれていた。
花嫁のふんわりとしたドレスから見え隠れする足には、魔法の靴が密かに煌めいていた。

少年は若き王と王妃の近づくタイミングを見計らって、小走りした。
目の前にどんどん近づくと、家来が槍で警戒した。
「君、何のつもりで?」

「王様の剣をお返しするためにここへ・・・」
剣をそっと見せた。
家来は剣を一目見ると、静かに前へ通した。

王の領域へ躍り出た。
僕は遠くから、少年を見守る。
急なゲストに国民は騒いだ。

少年は周りの事を気にかけず、二人にお辞儀した。
王妃も少年に微笑みかけてお辞儀を返した。
王は動揺の隠せない様子を見せつつ、礼をした。

次のページを見る(選択肢を選ぶ)

1.
episode2
名無し

ページを追加するにはログインが必要です
会員登録がお済みでない方は→新規会員登録

この作品の詳細情報

不思議の国の白ウサギ・第九章~物語の結末~

不思議の国の白ウサギ・第九章~物語の結末~

→作品情報を見る

作成日:2013/03/30

作成者:名無し

総ページ数:12

閲覧数:5607

コメント数:0

17111ポイント

最初のページ